世帯

アピセラピー:それは何ですか、使用上の兆候

Pin
Send
Share
Send
Send


食療法は蜂プロダクトが使用されている医学的処置である。それはミツバチ毒の独特の組成 - アピトキシンを称えてその名前を受けた。深刻な病気の症状を取り除くためにハチの治療が行われています。しかし、この手技には治療を始める前に検討しなければならない多くの禁忌があります。

アピセラピーとは

蜂毒治療はアピセラピーと呼ばれます。医療技術は生きている蜂の咬傷による蜂毒の皮膚下への導入を含む。手順は1959年に拡張されました。この方法が公衆衛生省によって承認された後、高度に専門化された専門家が教育機関で訓練されました。

アピセラピーは危険な病気に対処するための効果的な方法です。この手順には、ハチ刺されの治療だけでなく、他のハチ製品の使用も含まれます。この手順は累積的な影響を及ぼします。しかし、改善は最初のセッションの後に顕著です。

備考治療中にビタミンCを摂取するとその効果が高まります。

体に蜂毒の利点

蜂療法は、人体に対する蜂毒の利点についての知識に基づいています。アピトキシンは、ミツバチの刺されと直接関連する大きな腺によって産生されます。刺され装置は、潜在的に危険な物体から昆虫を保護するための主な方法であると考えられています。腺からの咬傷が約0.2 mgのハチ毒を分泌するとき。それは透明な色と厚い質感を持っています。

人体に対する蜂毒の影響の性質は、投与量によって決まります。一口噛んでも健康に害はありません。この場合、それは体に良い影響を与えます。蜂の毒の最も顕著な特性は次のとおりです。

  • 睡眠の質を改善する
  • 体を緊張させる。
  • 神経系の安定化
  • 痛みの解消
  • 血管と毛細血管の拡張による血行の正常化
  • 食欲を回復します。

体への影響

アピセラピー後、一般的な血液検査の変化が見られます。ヘモグロビンのレベルが上がり、ESRが下がります。咬傷を介してハチ毒の体に導入すると、血液の希釈に貢献し、心機能を向上させます。蜂の毒液が体内の有害なコレステロールの量を減らすので、医師はアテローム性動脈硬化症に苦しんでいる人々にアピセラピーをお勧めします。

場合によっては、アピトキシンは利尿作用を生じることがあります。アレルギー反応を起こす傾向があるため、ハチ毒は体の感受性を低下させるのに役立ちます。咬傷が瘢痕組織の代わりに作られると、再生機能の促進により、瘢痕は徐々に解消します。骨軟骨症、あざ、および椎間板ヘルニアの肛門治療の助けを借りた治療では、ポジティブダイナミクスも観察されます。含まれている毒の豊富な構成による蜂刺されの使用。

  • エステル類。
  • 毒性ペプチド
  • アミノ酸
  • ミネラル物質
  • 酵素タンパク質

蜂による治療の害と恩恵

場合によっては、アピセラピーによる治療は健康に害を及ぼすことがあります。これは糖尿病患者および腎臓および心不全に苦しんでいる人々にあてはまる。これらの場合、繰り返し蜂刺されは致命的です。蜂刺されへのアレルギー反応があると、アピセラピーは血管性浮腫を引き起こすことがあり、それはしばしば致命的です。以下のアレルギー反応の症状も考えられます。

  • 皮膚の発疹
  • 引き裂く
  • 粘膜表面の腫れ。
  • そう痒症
  • 一般的な幸福の悪化。

体内への中毒の蓄積は中毒につながる可能性があります。このプロセスには、激しい吐き気、嘔吐、めまいが伴います。患者のパフォーマンスは低下し、眠りに落ちるのは困難です。副作用を避けるために、治療前に禁忌に精通している必要があります。

個々の症例における蜂刺され治療の有益な効果は個々に明らかにされている。それは体の初期状態と既存の問題によります。 Apitherapyはすべての生命維持システムの機能を改善します。それは新陳代謝のプロセスを引き起こし、ボディから有害な物質の除去に貢献します。少量で体に入ると、ハチ毒は炎症の病巣を取り除き、痛みを和らげます。激しい痛みを患っている患者は、2回目のアピセラピー後に幸福感が改善することに気付きます。

ハチ刺されは筋肉のけいれんを和らげるのに役立ちます。それは様々な病因の痛みを取り除き、多発性硬化症の症状を和らげるのに役立ちます。鎮痛効果はショック療法の結果として達成されます。噛まれている間、体は異型タンパク質の繁殖を妨げる正常な抗体の産生を活性化します。

アピセラピーの使用に関する適応

食欲療法は蜂プロダクトを扱う有効な方法です。それは、ひどい風邪で始まり、血栓静脈炎および骨軟骨症で終わる、多種多様な症例で実践されています。治療的処置の前には医師に相談することをお勧めします。アピセラピーの適応は以下の通りです:

  • 関節炎
  • 片頭痛と頭痛。
  • 神経障害
  • 皮膚疾患
  • 心血管の病理;
  • 呼吸器系の異常。
  • ケロイド瘢痕。
  • アレルギー症状
  • 脳卒中後の状態。
  • 婦人科疾患
  • 男性における勃起不全および前立腺炎
  • 脊椎や関節の病気。
注目!手技の前に、あなたは包括的な検査を受けて、療法士と相談するべきです。

危険な自己投薬とは

何人かの患者は蜂刺す前に専門家に相談することが必要であると考えません。自己診断と自己治療は深刻な合併症をはらんでいます。最初に禁忌がないことを確認しないと、致命的な危険にさらされる可能性があります。

自宅でアピセラピーを行うことは、特別に訓練を受けた人々にのみ許可されています。あなたは蜂の刺されが他の場所のように痛くならない点を知る必要があります。体には一般に認められている虫のパターンがあります。従わなかった場合、治療法は無効になります。また、次のような合併症のリスクも高くなります。

  • 血圧の大幅な低下。
  • 意識の喪失
  • 血管浮腫
  • 咬傷部位の激痛。
  • 皮膚の発疹
  • 頭痛やめまい。

アピオセラピーセラピーポイント

この手順は特定のスキームに従って行われる。自宅でアピセラピーを行うには、刺すような点を知っておく必要があります。この情報がなければ、望ましい治療効果を達成することはできません。問題のある場所と生物学的に活発なポイントで - ミツバチの配置の2つの主なパターンを実践する。ほとんどの場合、咬傷は肩や腰を刺激します。これらの場所では、蜂の毒液がより早くリンパ系を貫通します。体の痛みを伴う場所は触診によって決定されます。昆虫は直接それらの上に置かれます。

手続きのルール

アピセラピストは、ミツバチ毒を患者の体内に注入することによって治療を行うスペシャリストです。治療には特定の規則の順守が含まれます。彼らは手順自体と回復期間の両方に関係しています。これらには以下が含まれます。

  • 治療中のアルコールは禁忌です。
  • 手順の前に、アピトキシンの耐容性をテストすることが重要です。
  • 治療中にアレルギー物質を使用することはお勧めできません。
  • 蜂が刺された後、15〜20分間横になります。
  • セッションの総数は10から15まで異なります。
  • サウナやお風呂に入った後は、操作をすることは固く禁じられています。

蜂は医療ピンセットで開催されています。それは患部に適用され、皮膚表面に腹を押し付けます。針が昆虫の体から分離された後、それは削除されます。

ハチ毒による治療の有効性に対する重大な影響は、昆虫の選択の原則を持っています。秋のミツバチは他のどのミツバチよりも貯水池に多くのアピトキシンを持っていると信じられています。毒の恩恵は蜂の栄養によって決定されます。この要因から、手順が特定の病気との闘いにどれほど効果的になるかによって異なります。

許容試験

手順に禁忌がない場合でも、アレルゲン検査を実施する前に実施する必要があります。治療的処置の初日に、2〜3匹の蜂が腰部に配置される。アレルギーを発症する危険性が高いので、蜂に噛まれることに自分自身を制限することをお勧めします。皮膚の下から針を素早く取り除くことが重要です。処置後数日以内に、アピトキシンに対する体の反応をモニターします。血液検査と尿を取ることをお勧めします。不快な症状がない場合、使用される昆虫の数は徐々に増えています。

重要です!アピトキシンの投与量は、患者の体重に基づいて計算されます。体重1kgあたり2.5mgの中毒が致命的とみなされます。

治療中の食事

望ましくない副作用の発生を避けるために、栄養療法の間、栄養を監視することが必要です。医者は食事療法の蜂蜜に導入するために並行して推薦する。大さじ1〜2杯で十分です。 l一日あたり。アレルギー製品は捨てなければなりません。これらが含まれます:

  • 柑橘類。
  • チョコレート
  • ナッツ
  • スパイス
  • きのこ
  • 炭酸飲料
  • りんご

蜂毒静脈瘤の治療

静脈瘤拡張術では、静脈網は静脈の空洞の増加の結果として薄くなっています。これに基づいて、四肢の痛みは、運動後に悪化した。アピセラピーは局所効果があり、目的の部位への血流に貢献します。蜂は静脈瘤結節の上に配置されます。

痛風ステッチ

痛風では、ハチ刺されの治療は腫れを排除し、体の尿酸含有量を下げるのに役立ちます。ハチ毒にアパミンが存在するため、代謝が促進されます。昆虫は鍼治療のポイントに配置されます。鎮痛効果は噛まれた後7時間持続します。治療はいくつかの段階で行われます。各段階の後、3ヶ月の休憩を取ってください。

ミツバチ前立腺腺腫の治療

前立腺を刺激するために、蜂は会陰のどこかに押し付けられます。咬傷は生殖器への血流を促進します。これにより、停滞プロセス、そしてそれに伴う痛みが解消されます。治療期間は疾患の重症度によって決まります。

ハチ刺されによる多発性硬化症の治療法

多発性硬化症の治療におけるアピセラピーの利点は、再ミエリン化の効果によるものです。それは神経系の状態に良い影響を与えます。蜂に刺されて体内の免疫プロセスが活性化され、代謝が引き起こされます。最初のセッションの後、患者は気分が良くなり、気分が良くなります。

ヘルニアをハチ刺されで治療することは可能ですか

椎間ヘルニアは自発運動を制限する深刻な病理です。けがや過度の体重増加の結果として起こります。ヘルニアによる痛みは、アピセラピーを中止するのに役立ちます。手順を通過した人々からのフィードバックはポジティブです。ハチ刺されはしばしば理学療法治療のコースと組み合わされます。

関節、腰痛、骨軟骨症の治療におけるアピセラピー

アピセラピーの最も顕著な有効性は、骨軟骨症および関節の痛みの治療に見られます。このような場合、昆虫は腰部、肘、膝、そして首に配置されます。血流へのハチ毒の侵入は局所的な血流を刺激します。各セッションで、痛みはあまり目立たなくなります。

アピセラピーの禁忌

ミツバチの治療は理にかなってアピセラピーと呼ばれています。この処置には大量の中毒を引き起こす物質アピトキシンが含まれます。したがって、治療の前に、その手順に対する禁忌に慣れることが重要です。これは不要な反応を防ぐのに役立ちます。禁忌は以下の通りです:

  • 慢性疾患の悪化後に体の状態が弱まった。
  • 結核;
  • 悪性腫瘍
  • 膵臓および腎臓の異常。
  • 循環器系の機能障害。
  • 感染症
  • アジソン病
  • 妊娠および授乳期間

結論

ミツバチの治療は、中等度の収入を持つほとんどの人が利用できます。 1つの手順の費用は250-400ルーブルです。

Pin
Send
Share
Send
Send